ウォーターサーバーは、水の入ったボトルを
本体にセットして使います。

このボトルにも種類がありまして、
・ワンウェイ方式
・リターナブル方式
の2つに分かれます。

なかなか耳慣れない言葉だと思いますので、
今回は、ボトルの種類についてご案内いたしますね。

ワンウェイ方式というのは、いわゆる使い捨て
リターナブル方式というのは、回収して再利用するものです。

続いては、気になるそれぞれの特徴について。

ワンウェイ方式の特徴

メリット

衛生的
使い捨てということは、毎回新品を使うことになります。
そのため、汚れが残っているという心配は無く、衛生面でも安心です。

また、水を使うたびにつぶれていくので、空気が入り込むこともありません

実は水そのものは絶対に腐ることはないのですが、
中に空気が入ってしまうと、空気と一緒に雑菌も入り込み、
この雑菌が腐ってしまいます。
これが、「水が腐る」という状態です。

廃棄が楽
容器の材質はペット樹脂やポリエチレンを採用している会社が多いです。
そのため、資源ごみや不燃ごみと一緒に出すことができます。
※ごみの出し方は各自治体にご確認ください。

スペースをとらない
ペットボトルを想像すればわかるのですが、
空の容器は意外と場所をとるもの。

しかも捨てに行くのも大変ですよね。

ワンウェイ方式の場合は
容器を小さくたたんだり潰したりできるので、
保管するスペースを小さくできます。

先ほど説明したとおり、使うたびにつぶれていくので、
つぶす手間もありません。

デメリット

ごみが出る
ごみが出てしまうため、環境面ではマイナスです。

リターナブル方式の特徴

メリット

ごみが出ない
再利用するので、ごみが出ず環境にやさしいです。

営業員と直接コミュニケーションが取れる
見落とされがちですが、ワンウェイ方式は宅配業者が配達してくれるのに対して、
リターナブル方式はウォーターサーバーを提供している会社の
営業員の方が回収・配達にいらっしゃいます。
そのため、細やかな対応が可能というメリットがあります。

デメリット

再利用するので、汚れが気になる
工場で念入りに洗浄、殺菌されるため安全ではあるのですが、
前の使用者がどのような使い方、保管をしていたかわかりません。
もしかしたら野ざらしにしていた可能性もあるので、
気になる場合はリターナブル方式は避けたほうが無難でしょう。

保管場所の確保が必要
大きなボトルを保管する必要があるので、
保管スペースを確保しなければなりません。
一般家庭では、そう何本も保管することもありませんが、
やはりワンウェイ方式に比較すると場所をとります。

まとめ

利便性で言えば、ワンウェイ方式に軍配があがるのでは、
というのが管理人の私見です。

しかし、あなたにとってボトル方式以外は気に入っているのに…という機種が
あった場合は、無理にあきらめる必要はないのも事実。

何を隠そう管理人の勤めていた会社にもウォーターサーバーがあったのですが、
リターナブル方式でした。
別に、毎日飲み続けても味がおかしいとかお腹を壊したとかいったことは
一切なかったですよ。
ご参考まで。