ウォーターサーバーを使う場合には
サーバー本体の代金や水の代金以外にも
費用がかかります。

本体のレンタル料は無料でも、水の代金や送料を考えると
実は高かったなんてこともありえます。

水が安くても、
予想以上に電気代がかかったり、
メンテナンス費用が高かったすることだってあるのです。

ですから、ウォーターサーバーを比較するときは
本体や水以外のコストも考えた上で比較しなければならないのです。

比較するときに注意するべきコスト

ウォーターサーバーを比較するときに目をつけるべき
コストは以下のようなものがあります。

水の料金

ウォーターサーバーのメインのコストは何といっても
水そのもののコストです。

もちろん会社ごとにも違いますし、水の種類によっても違いますが
500ml当たり50円~100円が多いようです。

これだけ見ると、市販のペットボトルより割安に感じます。

しかし、ここで見落としがちなのが、最低注文数です。

各社最低注文数というものを設定しているため、
水の単価は安くても、支払総額自体は決して安くない
ということがあり得ます。

最低注文数は1ヶ月当たり2パック~3パック(24リットル分~36リットル分)
としている会社が多いようですね。

本体レンタル料

本体レンタル料は、無料としているところも多いですが
一部有料の会社もあります。

有料の場合は、500円~1,500円の範囲が多いようです。
また、有料の場合、水の購入ノルマがなかったり、
メンテナンス料金が無料になるというメリットがあります。

送料

基本的に無料のところがほとんどですが、
一部北海道や沖縄への配送が500円~1,000円程度
かかる会社もあります。

メンテナンス費用

ウォーターサーバーのメンテナンスは3つの考え方があります。
最近はメンテナンスフリーのサーバーも増えてきているようですね。

・有料でメンテナンス
年間5,000円程度で、年1回の定期メンテナンスを受けられます。

・無料でメンテナンス
メンテナンス自体は無料ですが、別途月々のサーバーレンタル料が
徴収されています。

・メンテナンスフリー
サーバー自体にクリーニング機能が付いているのでメンテナンスが不要。

これは、どれが優れているというわけではありません。

お金をかけてもきちんとサービスマンにメンテナンスしてもらうのがよい、
クリーニング機能をキチンと作動させて、メンテナンスフリーを実現する、
といった考え方しだいです。

電気代

ウォーターサーバーは、24時間温度管理をしているので
電気代がかかります。

製品によって変わりますが、1,000円~1,500円程度のようです。
これは電気ポットでお湯を沸かして保温しているのとほぼ同等です。

また、節電モードが付いているウォーターサーバーもあります。
最近は、節電モードがついているウォーターサーバーが主流になりつつあり、
これは月に350円~400円程度となっています。

節電モードを作動させると、お湯の温度が80度くらいになります。
通常は90度くらいなので、少しだけ温度が下がってしまいます。
熱湯を使いたい場合は、再加熱が必要です。

キャンセル料

ウォーターサーバーにも、携帯電話のように
最低契約期間があります。

最低契約期間中に解約してしまうと、
キャンセル料がかかってしまうことが多いです。

一番オーソドックスなのは1年間。
短いところでは6ヶ月、
長いところでは3年と、結構な幅があります。

まとめ

ウォーターサーバーの料金体系は意外と複雑です。

単にサーバーレンタル料が無料だからとか
水が安いから、という理由だけでなく、
ご紹介した各種コストを総合的に判断してください。