学校の授業、試験勉強、仕事…、
こういったことをするときに私たちに必要なのは集中力。

Mr.ケアレスを自称する管理人は
集中力がすぐに途切れるので、
この集中力を高める必要があるわけです。

さて、この集中力を高める方法が
いくつかあるのでご紹介しますね。

どれもすぐに使えるものばかりです。

部屋を暗くする

試験勉強や仕事を夜遅くにやる場合、
部屋を暗くして、手元の明かりだけにすることを勧めます。

この記事も夜に部屋の電気をけして、
代わりにデスクライトをつけて、自分の周りだけを
明るくして書いています。

周りの余計な情報をシャットアウトすることで
自分の手元のことに集中できるため、
集中することができるのです。

人の目や適度な雑音がある環境に行く

人によるかもしれませんが、
周りに人の目があったり、雑音があった方が
集中できる傾向にあります。

よく、勉強はリビングでやるといいとか、
カフェで仕事したほうがはかどるとか言いますよね。
塾の自習室が人気なのもこのためです。

人の目があると、「見られている」という心理が働き、
緊張感が生まれます。
そうすることで気を抜かずに目の前のことに集中できるのです。

適度な雑音があるといいのは、
無音状態が逆に不自然であるためです。

これらは特に、試験が最たる例ですが、
本番の試験では周りにたくさんの人がいて
字を書く音が響き渡っているのがほとんどです。

本番環境に慣れる意味でも、この方法は取り入れたいですね。

水を飲む

集中力アップには水が欠かせません

イースト・ロンドン大学でこんな研究結果がありました。

一定時間飲食をしなかった被験者を2つのグループに分けて、
片方のグループは知能検査に水を飲んでもらい、
もう片方は水を飲まずに検査をしました。

その結果、水を飲んだグループの方がよい結果が出たそうです。

脳は80%が水でできているため、
水分を十分にとらなければパフォーマンスが
最大限に発揮できないため、と考えられています。

もちろん、水を飲むことで脳だけでなく、
筋肉や内臓も活性化するので、こまめに水を飲むことは
体にとって非常に重要なことなのです。

最高にきれいな水を飲んで、
試験や仕事でいい結果を残してくださいね!