2017年2月17日現在、
価格.comのウォーターサーバー売れ筋1位が
このフレシャスです。

公式サイトはこちら↓


フレシャスで特筆すべきは、そのデザイン性
ウォーターサーバーの常識を覆すとでもいうべき
半端じゃないおしゃれさです。

お客さんやお友達に「かっこいいウォーターサーバーだね」
言われたければ迷わずフレシャスを選ぶべきです。

もちろん見掛け倒しではありません。

水は富士山の地下からくみ上げた天然水。
空気の入りにくい衛生的なボトル。
温水を循環させて、水の滞留を防ぐクリーン機能。
電気代を節約できる省エネ機能。

などなど、中身も「骨太」です。

まずは公式動画で概要を案内いたします。

おしゃれなデザインってどんなの?

ウォーターサーバーは、昔からオフィスや店舗などといった
「業務用」のものが多かったため、
デザイン性というものはあまり求められていませんでした。

私たちがウォーターサーバーと聞いて
なんとなくイメージされるのはこんな感じじゃあないでしょうか↓

・白いプラスチックのでかい本体。
・これまたプラスチックでできた赤と青の蛇口。
・本体の頭にどーんと乗っているボトル。

まぁ、何というか、白物家電?
水とお湯がちゃんと出ればいいじゃんみたいな。

しかし、2011年の東日本大震災以降、一般家庭でもウォーターサーバーを
レンタルする方々が増えてきたことにより、
見た目にもこだわりたい、というニーズが出てきました。

そこで、フレシャスは水へのこだわりと同様に
デザイン性にも徹底的にこだわった
ウォーターサーバーが用意されています。

まず筆頭は、FRECIOUS dewo(フレシャスデュオ)。
今までのウォーターサーバーとは明らかに違った
たたずまいを見せています。

それもそのはず、フレシャスデュオは2015年度グッドデザイン賞を、
ウォーターサーバーとして初めて受賞するという快挙を成し遂げています

さらに、JIDAデザインミュージアムセレクション永久収蔵にも
選ばれています。

聞きなれない賞だと思いますので、以下説明を引用します。

公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)が運営し、デザイン性の高いものやその時代をリードした製品などを中心に選定し表彰するとともに、その製品を収集・保管して次世代に伝え、教育、産業、生活へ文化的貢献を行うことを目的としています。

http://www.frecious.jp/dewo/gooddesign/

デザイナー・安積伸氏のインタビューも
ありますので、ぜひフレシャスデュオのこだわりを
ご視聴ください。

見た目だけでなく、機能面、安全性まで
いかに考え抜かれて作られているかがわかりますよ。

そしてお次は
FRECIOUS Slat(フレシャス・スラット)。

もはやシンプルの極みともいうべきその形。
スラット=板という名前のとおり、
まるで一枚板ような美しさです。

当然のことながら(?)、デュオに続き
2016年度にグッドデザイン賞を受賞しています

冒頭で、見掛け倒しではないと書いたとおり、
機能性や安全性も優れているということがおわかりになったかと思います。

公式サイトはこちら↓


この他にも魅力的な機種がたくさん揃っています。

百聞は一見にしかず。
フレシャス公式サイト
をチェックしてみてください。

水はどんなのを使ってるの?

本体の良さはわかっていただけたのではないかと思います。

次は肝心の水について案内させていただきます。

フレシャスは当然、水にも並々ならぬこだわりを見せています。

選べる水は富士、木曽、朝霧高原の3種類
それぞれに魅力的な特徴があります。

フレシャス富士

富士山の標高1,000メートル地点で採水される天然水です。

何気なく標高1,000メートルと書きましたが、
これは実はすごいことなんです。

この標高より高いところは開発することができず、
事実上、一番高い位置にある採水工場なのです。

一番高い位置にあるということは、
これより上は手付かずの自然。
流れてくるのは混じりっけなしの天然水なのです。

フレシャス富士は、硬度21mg/Lの軟水

硬水と軟水の基準が100mg/Lなので、
非常に純水に近い軟水です。

軟水はミネラルが少ないため、
胃腸に負担をかけず、
赤ちゃんが飲んでも大丈夫です

また、味にクセがないので
とっても飲みやすいんです。

さらに、フレシャス富士にはバナジウムが豊富に
含まれています。

バナジウムは、健康と美容に欠かせないミネラルで、
血糖値を安定させる効果があります。
バナジウムを含んだ水をこまめに飲むことで
糖尿病や生活習慣病の予防が期待できるのです。

血糖値が急激に上がると、その血糖値を下げようと
インスリンが分泌されます。
このインスリンは、血糖値を下げるのですが、
血液中の糖を細胞に蓄える=太りやすくなる
という働きをします。

ですから、血糖値を安定させるということは、
インスリンの分泌を抑え、太りにくくなる
ということにもつながるのです。

バナジウム水と血糖値の実験結果が公表されています。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi1941/62/4/62_4_227/_pdf

フレシャス木曽

フレシャス木曽は、長野県の御嶽山で採水されます。

硬度20mg/Lの軟水です。
先ほどのフレシャス富士とほぼ同じ硬度ですね。

雑味のないすっきりした味わいです。

フレシャス木曽の特徴は、湧水(ゆうすい)だということ。

天然水の多くは、地下水脈からくみ上げていますが、
フレシャス木曽は地下から自然に湧き出てきた水なのです。

フレシャス木曽の原水の近くは、天然のわさびが群生しています。
天然わさびは、本当にきれいな水がないと育ちません。
つまり、フレシャス木曽はそれだけきれいな水だ、ということなんですね。

日本中の人に水の本当のおいしさを味わってほしい

という地元の人の思いから生まれた水です。

フレシャス朝霧高原

静岡県の朝霧高原で採水される水が、フレシャス朝霧高原です。

硬度は85mg/Lの軟水
富士、木曽が20mg/Lくらいでしたが、
フレシャス朝霧高原は軟水ではあるのですが、硬度が若干高いです。

そのため、他の2つの水にはなかった、
ミネラルの風味、味わいがあります。

フレシャス朝霧高原は、フレシャス富士を超えるバナジウム含有量が特徴です。
その含有量なんと、180μg/L。
フレシャス富士は86μg/Lなので、2倍以上ですね。

そのほか、ナトリウムは富士の10倍以上の100ml中8.0mg、
カルシウムは約3倍の100ml中1.5mgです。

この豊富なミネラルがフレシャス朝霧高原の味わいの秘密なんですね。



気になる水の安全性は?

フレシャスの製造元・富士山の銘水株式会社は
食品安全の国際規格FSSC22000を取得しています。
これはウォーターサーバー専業メーカーで国内初の快挙です

「FSSC22000」とは
「FSSC22000」とは、Food Safety System Certificationの略でGFSI(国際食品安全イニシアチブ)の認定を受けた食品製造業向けの食品安全マネジメントシステムです(2010年2月策定)。従来の国際規格であったISO22000は、工場の衛生管理などの基準が国によって異なっていましたが、これを更に詳細に規定し国際的な統一基準として制定したものがISO/TS220002-1です。この2つの基準をクリアすることにより、国際的に通用する食品安全のグローバルスタンダードを満たしている事が証明されるため、現在日本でもコカ・コーラや日清製粉等の大手企業を中心に認証の取得が進められています。

http://www.frecious.jp/feature/fssc22000/

水の安全性を左右するのは、もちろん水のきれいさ。

フレシャスの水は、フィルターでろ過して雑菌を取り除いています。
ただ、ミネラル成分は通しているので、成分が変わることはありません。

この雑菌を取り除いた水を、無菌エアレスパックという
容器に密閉します。

その名のとおり、無菌で空気を通しません

ウォーターサーバーを使っていると空気が
入ってしまうのですが、フレシャスは
空気が入らない構造になっていますので、
空気中の雑菌が入る心配もありません。

そして、水の安全性で気になることといえば
何といっても放射性物質

フレシャスの水は毎月放射性物質検査を
受けており、その結果を公式サイトにアップしています。

2017年1月18日の検査では、放射性物質が検出されていません。

http://www.frecious.jp/news/2017/02/01/2017%E5%B9%B42%E6%9C%88%E6%9B%B4%E6%96%B0%EF%BC%9A%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%89%A9%E8%B3%AA%E6%A4%9C%E6%9F%BB%E7%B5%90%E6%9E%9C/

これなら、赤ちゃんはもちろん小さい子供や
大人まで安心して美味しいお水が飲めますね

本体はきれいなの?

フレシャスデュオとスラットには
オートピュアキープシステムという機能がついていて、
5日に1回、本体内部で熱水を循環させて、
汚れの定着を防ぎます。

作動のタイミングは、電源プラグを入れた時間。

ですから、電源プラグはウォーターサーバーを
使わないような時間に差し込むといいですね。

とはいっても、オートピュアキープシステムは
3分程度で完了するし、強制終了もできるので、
そこまで神経質になる必要もありません。

内部は自動でやってくれるのですが、
注ぎ口やトレー、水容器を入れるところは
普段からこまめにお掃除しておく必要はあります。

メンテナンスをして、いつでもきれいな水を
楽しみましょう。

公式サイトはこちら↓


機能性もすぐれてるみたいだけど?

ここではフレシャスデュオの機能について案内します。
デザイナーさんのインタビューにもあったとおり、
機能性も考え抜かれています。

押しやすいボタン配置

ボタンが前面ではなく、上についています。
これは、デザイナーインタビューにもあったように、
押しやすいだけでなく、小さな子供が触ることすら
できないように考えられたデザインなのです。

コップを置くトレーの位置が高い

非常に地味だけど、非常にありがたい配慮
このトレーの位置です。

トレーの位置が低いと腰を曲げなければなりません。
水を汲むのにいちいちかがむのは、ちょっと面倒ですよね。

しかも、トレーの奥行きが10センチあるので、
大きな鍋でなければ、鍋にも直接水やお湯を入れることができます

フレシャスデュオは、こういった細かい配慮が
デザインに現れています。

水の交換が楽々

ウォーターサーバーの水は、12リットルや9リットルと
いったものが多いです。

フレシャスの場合、7.2リットルとやや少なめ
パック自体が軽いので交換が比較的楽です。

セットも、本体上のバスケット部分に入れて
ボタンを押せば設置完了。
重いボトルの口を、本体の給水口にあわせる必要もないんです。
重いボトルを持ちながら、「あれ?うまくささらない…」なんて
ことにはなりません。

しかも、使った後の処分も楽々

ガロンボトルのように回収してもらわなくてもいいし、
ペットボトルのようにかさばらないのです。

どういうことかというと、使用済みパックは
単なる中身の抜けたビニール袋のようにペッタンコになって、
小さく折りたたむことができてしまうのです

重さは約37グラムで手のひらサイズまで
たたむことができるので、
お部屋の片隅どころか、ゴミ箱の片隅に
入れてしまえる小ささですね。

オートピュアキープシステム

本体のメンテナンスのところで紹介しましたが、
自動で本体内部に熱水を循環させてきれいにしてくれます。

私たちは分解して内部を掃除するということはできないので、
この機能があれば、衛生面も安心ですね。

フレッシュ機能

オートピュアキープシステムとは別に、30日間に1回、
水を換えるタイミングで操作します。

この機能も熱水を循環させて、内部をきれいにします。

その時間、何と2時間。
2時間がっつりとお掃除します。

その間はお水が出せなくなりますので、
お出かけ前など、使わない間にセットしておくのを
おすすめしますよ。

超省エネ

お湯の温度を約15度下げて、電力消費を抑える
エコモードがあります。
フレシャスの温水は、80度~90度なので、
大体65度~75度になりますね。

さすがに、カップ麺やコーヒーなどに使うには
ぬるすぎますが、飲むためならば十分な温度でしょう。

これだけではありません。

明るさを感知して、ヒーターの電源を切る
スリープモードもついています。

これらの機能のおかげで、フレシャスデュオは
一般的なウォーターサーバーの電気代の最大約70%カットします。

使用状況にもよりますが、電気代は月に約330円です。
一日10円ちょっと。
これは安い。

気になる特典はあるの?

ウォーターサーバー乗り換えキャンペーンがあります。

ウォーターサーバーは解約すると解約金が
取られるケースがほとんどです。

しかし、他社からフレシャスのウォーターサーバーに
乗り換えると、解約金を負担してくれるのです。

料金はどのくらいになるの?

サーバーレンタル料無料(デュオ、スラットは月額500円。水2箱以上の注文で無料)
メンテナンス料無料
送料無料

ですので、基本的には水と電気代だけです。

一番高いフレシャス木曽が1パック1,183円。
1箱4パックなので、4,732円。
電気代が330円、レンタル料540円とすると
5,602円になります。

1ヶ月を31日とすると1日約181円

ペットボトルの水を、外で一日2本買っているならば
十分に元が取れる値段ではあります。

また、水をこまめに飲む習慣をつけると
体にもいいので、これを機に習慣づけると
いいですよ。

1ヶ月で水を消費しきれない場合は、
配送延期をすることができます。

延期は1ヶ月ならば無料なので、
上手く使えば、水が消費しきれないで
どんどんたまってしまう、ということはありません。

まとめ

フレシャスは、機能もさることながら、
デザインがとても「カッコいい」ためインテリアとしても
申し分ありません。

デザインだけはすごいけど、機能は別に普通…というわけはもちろんなく、
水へのこだわり、かゆいところに手が届く機能性も非常にレベルが高いです。

デザインは、ウォーターサーバーとして初めてグッドデザイン賞を受賞
という快挙を成し遂げ、しかもデュオとスラットで2年連続受賞です。

水は3種類で、徹底した安全管理のもと採水されています。
これまたウォーターサーバー専業メーカーとして初めて
食品安全の国際規格FSSC22000を取得しています。

富士、木曽は硬度も20mg/L、21mg/Lと低いため赤ちゃんが飲んでも安心です。

機能も充実していて、チャイルドロックやクリーン機能はもちろんのこと
省エネモードやスリープモードがついているのでお財布にもやさしいです。

料金は1日あたり181円程度。
外でお水を2本買うよりは安い値段です。

公式サイトはこちら↓